オンラインセミナー

<AWSユーザー必見>
WafCharmで実現するWAF自動運用とセキュリティ対策強化とは?

開催日時:2021.04.21(水) 12:10

近年、パブリッククラウド上でサーバーを構築し、WebサイトやWebアプリケーションを提供する企業は、急速に増えています。

一方で、Webトラフィックの増加と相関するように不正アクセスをはじめとするサイバー攻撃は年々増加し、その手法も高度化・巧妙化しています。企業の規模に関わらず被害事例が増加し、ニュース等で取り上げられているのも皆さんも実感されていると思います。

そのような状況に対応するために、パブリッククラウド構築時には、WAF(Web Application Firewall)を用いたWebセキュリティ対策が重要になります。

さまざまなタイプのWAFがありますが、パブリッククラウドを利用しているユーザーは、その利便性よりパブリッククラウドが提供するWAFを導入しているケースも増えてきています。

本セミナーでは、「AWS」にフォーカスし

・AWS上で提供されているWAF「AWS WAF」の特徴や他のWAFとの違い

・運用負荷を解決するAWS WAF自動運用サービス「WafCharm (ワフチャーム)」のご紹介
 &新規で追加されたXFF( X-Forwarded-For)ヘッダーオプション機能について

をご紹介させていただきます!

こんな方におすすめです!

  • AWS WAFをすでに導入して運用を行っている方
  • AWSユーザーでセキュリティ強化に課題を抱えている方
  • これからAWSで環境を構築しようとしている方
  • WafCharmの基本的な機能や具体的な活用例を知りたい方

開催概要

開催日時 2021年4月21日(水)12:10〜13:00
開催場所 オンライン
*お申し込み後、視聴用URLをメールにてお送りいたします。
参加費 無料
定員 50名

セミナー内容

12:10-12:40
セッション WafCharmで実現するWAF自動運用とセキュリティ対策強化とは? 株式会社サイバーセキュリティクラウド 営業部 竹村 隆吉
12:40-13:00
質疑応答

登壇者紹介

株式会社サイバーセキュリティクラウド
営業部 竹村 隆吉
2001年よりMSP事業者にてキャリアをスタート。インフラ設計・構築・運用に従事。2007年からはSIerにて運用管理ツールのデリバリー・テクニカルサポートを経験。その後、山岳ガイド、寿司職人を経て2013年に国産Linuxディストリビューターであるミラクル・リナックスでOSS関連プロダクトのプリセールスを担当。2021年にサイバーセキュリティクラウドに参画。現在はセールスエンジニアとしてプリセールス活動に従事している。

受付終了

※お問い合わせは mkt@cscloud.co.jp までお願いいたします。